FC2ブログ

初めてのラウンドファスナー財布

ラウンドファスナーの長財布です。

IMGP5615.jpg


ラウンドファスナーとはコの字型にファスナーが付いている財布で
収納力があり、中身がこぼれたりしないので、最近は男女問わず人気があります。

ただ、製作方法が特殊で手間が掛かるのと
だいたい形が決まっていてデザイン的に差異を出すのが難しく、
誰が作ってもほぼ似たようなものになってしまうので作るのを避けていました。
反対に言えば、非常にシンプルなので素材や仕立ての善し悪しが出やすいかなと思います。

今回、たまたま作る機会があったので初チャレンジしてみました。
このタイプの財布は教わったこともなく、作った経験もないので
いままで見聞きしたこと、ネットや本で調べて自分なりに考え製作しました。
他にも様々な方法があるかと思いますが、参考までに製作方法を書いてみたいと思います。

まず、何よりもこの形の財布はファスナーが綺麗に取り付けられるかが重要なポイントとなります。
内側のサイズに合わせて型を作ります。
正直、この型を作るのに結構、時間が掛かりますが非常に大事なパーツです。

IMGP5595.jpg


ファスナーが固定されるよう溝を付けます。

IMGP5596.jpg


胴板内側をクリップで固定します。

IMGP5602.jpg


ちなみに胴板内側にもファスナーを付けるガイドとなるパーツが貼ってあります。

IMGP5600.jpg


ファスナーを溝にはめて、ガイドに合わせて貼っていきます。

IMGP5604.jpg


一周貼り終わったら、
ファスナーの始めと終わりを念のため補強テープで補強。

IMGP5607.jpg


あとは表側の胴板を接着して縫製に入りますが、
ファスナーの入り込むところは裏が見えてしまうので目隠しを先に付けて縫っておきます。
また、完成後に裏側の端が見えると美しくないので予め縁に色を入れておきます。

IMGP5609.jpg


表側の胴板を接着して、内側にある型を抜いてミシンで縫製します。
手縫であれば問題はありませんが、ミシンで縫製の場合裏側が落ち易いので
若干、内側のサイズを大きくして製作しています。

IMGP5610.jpg


今回、内装は札入れ2室とファスナー付き小銭入れ、カード2枚だけのシンプルな構造です。

IMGP5618.jpg


これといった特徴はありませんが、初めてにしては綺麗に仕上がったと思います。
先ほど、デザイン的に差異を出すのが難しいと言いましたが
そのうち何かプラスアルファ自分らしさを加えたものを考えてみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。