FC2ブログ

長財布・小銭入れ

  • Day:2014.10.25 17:34
  • Cat:商品
昨日、FBにアップした長財布・小銭入れです。

IMGP3453.jpg

長財布の内部です。

IMGP3456.jpg

二室構造で真ん中にファスナー付きの小銭入れ
カード段3室とカードポケット2つ(一つに5枚は入ります)です。

小銭入れの内部。

IMGP3464.jpg

二室構造で真ん中のポケットにはカードが入ります。
お札も4つ折りにすれば入るのでミニ財布としても使えると思います。

ONE OVER ONE 1/1の中では
可愛らしい財布と小銭入れに仕上がったのではないでしょうか。
店頭に何色か展開していきたいなと思ってます。
スポンサーサイト

ルッカの蚤の市

週末、ルッカの蚤の市に行ってきました。
フィレンツェから電車で1時間半ほどの可愛らしい町です。

広場から細い路地まで所狭しと出店されてます。

IMG_1274.jpg
IMG_1294.jpg
IMG_1295.jpg

古い家具や道具などのお宝で溢れかえってます。
私達夫婦もそうですが、だいたい男性陣は道具類に群がっていて、
女性陣は生地や食器を見て回っています。

IMG_1276.jpg
IMG_1279.jpg
IMG_1287.jpg
IMG_1288.jpg
IMG_1289.jpg
IMG_1292.jpg
IMG_1278.jpg

今回、手に入れたリュックのショルダーベルトのパーツです。
残念ながら本体はなかったので、
本当にリュックのパーツなのかは確認できません(笑)。

IMG_1297.jpg
IMG_1298.jpg

ただ、仕事は丁寧でコバには二本の念が引かれていて、
手縫いはよく馬具などでよく見られる縫い方です。
片側を縫って、糸を切らずにねじって反対側を縫っています。
マニアックですが、こういう発見も蚤の市の楽しみです。

拍子木

拍子木(ひょうしぎ)です。
警防団や消防団などが夜、見回る時に、「戸締り用心、火の用心」と声をあげながら、
拍子木をカチカチッと打ち鳴らして歩く「拍子」を取るための木の音具です。
この拍子木の音が悪く、はねかれたものをハンマー代わりの打ち棒として使用しています。

IMGP3348.jpg

通常は穴開けや金具打つ時に使いますが、
その他、コバ磨き(革の端っこを磨く)や熱コテを置いたり
様々な用途に使用できる便利な道具です。

IMGP3344.jpg
IMGP3330.jpg
IMGP3352.jpg

これも10年以上は経過しているので
打つ度に木屑が飛び散るのが難点ではありますが、
愛着が湧く大事な道具の一つです。
道具屋の店主曰く、職人の人生より長持ちするとのことです。

IMGP3347.jpg

トイレから感じるイタリアの凄さ

  • Day:2014.10.03 18:42
  • Cat:雑談
今日は見苦しいかもしれませんが、店のトイレを紹介します。

狭いので全体を撮ることができませんが
この立派な枠は地下都市へ通じていた扉の名残です。

IMGP3367.jpg

実際、この店の下には地下都市の遺跡が残っています。
一般には開放されてないので残念ですが、
以前、機会があり見学したことはあります。

さらに手洗い器も大理石で出来た18世紀のものです。

IMGP3384.jpg

蛇口は水漏れのため交換しましたが、
もとはこの真鍮製のかなり渋いものでした。

IMGP3385.jpg

こういったものが普通に存在する凄さ、
さすがイタリアだなとトイレでふと思う時があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。