FC2ブログ

ハトメ抜き

最近は小物サンプルなどをちょこちょこと製作していますが、
ホック・カシメの穴やバックルの穴など
何を作るにしてもハトメ抜きという穴あけを多用します。
イタリアだと "Fustella tonda" というみたいです。

少し前まではせっかくイタリアにいるのだからと
イタリアのハトメ抜きを使っていましたが、
あまりに品質が劣るのでいまは日本のものを使っています。

同じ3mmのハトメ抜き。
左がイタリア製で右が日本製です。

IMG_0677.jpg

まず刃の厚さが違います。
穴を開けるというより、思い切り叩いてぶち抜くっといった感じです。
革でなく紙に穴を開けるにも力が必要なので
職人さんに加工して使うのかと聞いたら、そのまま叩くだけとの答えでした。

ハトメ抜き自体、イタリア製の方が長くてゴツいです。
さすがイタリア、色はイタリアンレッド。
機能的にはいまいちでも見た目はカッコいい、さすがイタリアです。

IMG_0683.jpg

左がイタリアの3mmで右が日本の3mmで開けたもの。
同じ3mmでも革に穴を開けるとサイズが変わってきてしまうので
職人さんに仕事をお願いする時は注意が必要です。

IMG_0686.jpg

かなりマニアックな話になってしまいましたが、
こういった国による差異も興味深いので
また何かあったら紹介します。
スポンサーサイト

三つ折り財布

  • Day:2014.07.03 22:24
  • Cat:商品
最近、今までほどんど作ったことのない三つ折り財布を考えてました。

IMGP3122.jpg
IMGP3128.jpg

二つ折りよりコンパクトに仕上げるつもりでしたが、
三つ折りフタ部分のボリュームによって容量が少ない割に
サイズは二つ折りとあまり変わらないというメリットのない財布になってしまいました。
敢えて言うならば、二つ折りより女性的でコロっとして可愛いというくらいでしょうか。

IMGP3133.jpg

二つ折りとの比較、
ほぼサイズの違いは分かりません。

長財布と二つ折り・三つ折りは明らかに違いがありますが
二つ折りと三つ折りは見た目のデザインを抜きにして機能面だけで考えたとき、
どういう位置づけになるのか
今のところしっくりこないのでとりあえず放置です。

また、アイデアが降りてきたら製作します。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。