FC2ブログ

フェラガモのディスプレー

フェラガモのディスプレー。

IMG_1734.jpg
IMG_1737.jpg
IMG_1736.jpg

型紙や木型、デザイン画など物作りの現場をイメージしたディスプレーです。

どうしても職業柄、バッグのディスプレーに目が行ってしまいます。
バッグというより型紙ですが・・・。

IMG_1735.jpg

やはり、スーパーブランドだけあってエレガントです。

フィレンツェのフェラガモ本店にはフェラガモ博物館(Ferragamo Museo)もあります。
フェラガモ創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモの生涯や彼の作品等が展示されてます。
ご興味のある方は是非。
スポンサーサイト

古い秤

先日、ディスプレーを変えました。

IMGP3959.jpg

さおばかり(Stadera)という昔の市場などで使われていた秤(Bilancia)の一つです。
小物などを乗せるのにちょうどいい大きさです。

鉄製でちょっと重いのが難点ですが、存在感は抜群にあります。
いつも壁に何かを吊るす場合は釘1本ですが、今回は2本にしました。
()内はイタリア語です。

IMGP3956.jpg

ちょっとした木工 2

もう一つの木工仕事です。

道端で拾った家具のどこかのパーツ。

IMGP3863.jpg

これも洗ってからペーパーヤスリをかけて、
アクリル絵の具でONE OVER ONE 1/1の文字をペイントしてから
ラッカーとワックスで仕上げました。

廃材を使っての手作り看板です。

IMGP3868.jpg

木工に関しては全く素人なので
友人に教えてもらい仕上げました。

切ったり組み立てたりしたわけではないですが
革同様、手を動かしてのものづくり、なかなか楽しめました。

ちょっとした木工

ちょっとした木工仕事。

蚤の市で格安で買ったスツールです。

IMGP3853.jpg

水洗いをして、ペーパーヤスリでペンキを落としてから
ラッカーとワックスで仕上げました。

IMGP3874.jpg

かなり痛んでいたものなので、ここまで仕上がれば上出来かなと思ってます。

もう一つ仕上げたものがあります。
また、明日にでも紹介します。

ちょっと変わったディスプレー

ちょっと変わったものを手に入れたのでディスプレーに使ってみました。

IMGP3694.jpg

この釣鐘状の輪骨入りの木枠はTrabiccoloというもので
昔、中にVeggioという陶器の火鉢をぶら下げて
冬場の寒い時、寝る前にベットを暖めていたそうです。
これは栗の木で出来ています。

本来の使い方とは全く違いますが、ベルトを巻きつけて、
火鉢のところには花を下げてみました。

これはこれで、なかなかいい雰囲気に仕上がったのではないでしょうか。


ちなみに昔はこんな感じで使っていたようです。

IMG.png

イタリア人の話によると、
気を付けないと火事になるちょっと危険な道具だったそうです。

それにしても、こういった古い道具がたくさん残っていて
手頃な価格で購入できるイタリアの蚤の市は魅力的です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。